日産とCFG、グローバルサッカーパートナーシップを締結 - Manchester City FC

Accessibility links

Access other Manchester City products

Close

Continue to mcfc.co.uk

Continue to mcfc.co.uk

日産とCFG、グローバルサッカーパートナーシップを締結

日本の自動車メーカーである日産自動車は、シティフットボールグループ(CFG)の公式自動車パートナーになります。

CFGが日産と結ぶ初めてのグローバルパートナーシップは、5年間の契約となります。CFGは、日産が株式の大多数を所有するサッカークラブ、横浜F・マリノス、マンチェスターシティ、 マンチェスターシティウェメン、ニューヨークシティ、メルボルンシティのネットワークの他に世界各地に事業所を持つサッカーに関するマーケティング会社を所有している、サッカーグループです。

今回の日産とCFGのパートナーシップにより、日産はマンチェスターシティの公式自動車スポンサーになり、同クラブの有名なエティハド・スタジアムで強力なブランド展開を実施します。また、世界中のCFG傘下のサッカークラブのサポーターを対象としたファンとの交流機会も提供します。これはCFGのサッカークラブとして、各ネットワーク内で活用できるユニークな権利です。

パートナーシップの締結は、CFGが日産の所有する横浜F・マリノスの少数株主となり、シティフットボールサービスやシティフットボールマーケティングを通して、CFGの持つ知識や専門性、サービスを横浜F・マリノスに提供するというものです。

「日産が横浜F・マリノスの歴史に関わってきたことに、非常に誇りに思っています。今、CFGと彼らの素晴らしいグローバルサッカーチームのネットワークの一員になる特権を与えられました。この革新的なパートナーシップは、日産のブランドをグローバルに拡大するための重要なプラットフォームであるサッカーの試合への投資を促進するものです。日産は、世界で最も売れている電気自動車を、世界で最も速い勢いで成長しているサッカーチームに提供いたします。これは、革新と革新を一対にして、世界中のお客様に日産とサッカーの両方の興奮とワクワクをお届けするものです」と、日産の社長兼最高経営責任者のカルロス・ゴーン氏は述べました。

CFG会長 カルドゥーン・アル・ムバラクは、以下のように述べました。「私たちは、CFGにとって初のグループ全体にわたるグローバルパートナーとなる日産と共に活動していくことを非常にうれしく思います。日産は、革新と持続可能性においてリーダーとなっています。これは、また私たちの組織の中心価値そのものです。横浜F・マリノスへ投資し、支援することで、日産とCFGは更なる成長と発展を望む共通の情熱と野心を共有します。今回の新たなパートナーシップによって、日本と世界各地で、サッカーを通して非常にエキサイティングな両社の協力機会が生まれるでしょう」

世界で最も速い勢いで成長しているサッカークラブのひとつであるマンチェスターシティを含め、世界規模でサッカーとの連携拡大を続けているCFGのサッカークラブネットワークは、日産にとって素晴らしいビジネスプラットフォームを提供します。最近では、CFGとの契約によって、世界的なサッカースターであるダビド・ビジャの国際的なプレーがニューヨークシティで見ることができるようになりました。これは、CFGネットワークのユニークなビジネスモデルが持つポテンシャルを反映したもので、両クラブの新シーズンには大きな興奮を提供します。

CFGとのパートナーシップは、すでに日産ブランドが公式スポンサー契約を締結している欧州チャンピオンズリーグ(CL)、2016年開催のオリンピックリオデジャネイロ大会、英国およびメキシコのオリンピックチーム、アフリカ選手権、NCAAフットボール、ハイズマン賞、カナディアン・フットボール・リーグの他、ウサイン・ボルトやクリス・ホイといったオリンピック金メダリストのスポーツ・アンバサダーへのスポンサー活動を通した、日産の世界的なスポーツへの貢献を拡大するものです。

このサイトはCookieを使用しています。許可するをクリックすれば、私たちのCookie使用に同意したことになります.

許可する