クラブの歴史 - Manchester City FC

Accessibility links

Access other Manchester City products

Close

Continue to mcfc.co.uk

Continue to mcfc.co.uk

あなたのシティの物語

  • シェア
  • シェア
  • ツイート
  • Email
  • その他

タイムライン

正直に言って、シティをサポートするのは、ジェットコースターに乗っているような感じです— ここで我々の歓喜の絶望の数々の偉大な歴史を読んでください。

2000年代

2000-二年連続の昇格によりシティはプレミアシップに返り咲きました。イーウッド・パークでのブラックバーン戦で4-1の勝利で昇格が確定した後、「ザ・ブルーズ」の大きなアウェーサポーター達がピッチになだれ込み、共に喜びを分かち合いました。

2002-将来のシティの監督スチュアート・ピアースをキャプテンに据えたシティは再びプレミアシップへの昇格を果たし、途中でシーズン最多得点数とシーズン最多勝ち点のクラブ記録を更新しました。

2003- メーン・ロードでの最後の試合が行われ、寂しい日になりました。シティvs. サウザンプトンが行われ、メーン・ロードは80年の歴史を閉じました。クラブは48,000人が収容できるシティ・オブ・マンチェスター・スタジアムに移りました。

2007-スヴェン・ゴラン・エリクソンがスツゥアート・ピアースの後を継いでシティの監督となり、12月15日には1部リーグでのクラブ記録のホーム9試合連続勝利を更新します。

2008-アブダビ・ユナイテッド・グループがマンチェスター・シティの新しいオーナーとなります。元ウェールズ、バルセロナ、バイエルン・ミュンヘンとマンチェスター・ユナイテッドのスター、マーク・ヒューズが新しいシティの監督となります。クラブは移籍金記録を二度目に破り、レアル・マドリードからロビーニョを£32.5mでサインします。

2009-元インテルの監督ロベルト・マンチーニがマーク・ヒューズの後を継いで12月に監督となります。

2010-ザ・ブルーズはこれまでで一番のプレミアリーグキャンペーンを過ごし、5位に終わりヨーロッパ・リーグの出場権を獲得し、リーグカップ準決勝に進出しました。

2011-長かったトロフィー獲得が終わり、ザ・ブルーズはストークを1−0で破り、FAカップを優勝し、2011/12チャンピオンズリーグ出場を決めました!

2012-シティがスリリングなプレミアリーグを制し44年ぶりにリーグ制覇を成し遂げました。QPR戦でのセルヒオ・アグエロの土壇場での決勝ゴールによりタイトル獲得が叶い歓喜に湧くエティハド・スタジアムでした。

1990年代

1992-FAプレミアリーグが創設され、シティvs. QPRが初めての月曜日の夜のスカイライブ試合となります

1994-政府機関のプレミアリーグでのテラススタンドの廃棄によりシティは愛されたキパックス・スタンドに別れを告げます。時にはキパックスが国で一番多かったスタンドでした。

1995/96-ドラマチックなシーズンとなり、シティは三人の監督を就任させます;アラン・ボール、スティーブ・コッペルとフランク・クラーク、そして監督代理としてアサ・ハートフォードとフィル・ニール。

1997-シティは新しいクラブバッジを発表します。新しいデザインにはラテンモットーの「Superbia in proelio」が追加され、意味は「プライド イン バトル」です。

1999-ウェンブリーで行われた試合の中でもドラマチックな試合となり、シティはディヴィジョン・ツープレーオフでギリングハムにPK戦で勝利し、昇格しました。

1980年代

1981-シティは100回目のFAカップ決勝に進出し、スパーズと対戦しました。土曜日に1-1のドローに終わった後、リプレイがウェンブリーでまた行われ、中で最もスリリングなカップ決勝と認識されました。シティは3-2で惜しくも敗れ、リッキー・ビジャのゴールはシティファンを湧かせましたが、語りくさはスティープ・マッケンジーの30ヤードからのボレーシュートゴールでした。

1986−シティは最初のフル・メンバーズ・カップ決勝をウェンブリーで行い、68,000人が観戦しました。

1987-1987年にメーン・ロードで、クラブ記録となる10-1の勝利をハダーズフィールド・タウン戦で記録します。

1989—シティは最後の試合でドラマチックな昇格を叶え、ブラッドフォードで実現しました。メーン・ロードダービーでシティはユナイテッド相手に5−1で勝利し、一番大きい勝利でした。

1970年代

1970-シティは「ダブル」を達成し、ヨーロッパ・カップ・ウィナーズ・カップとリーグカップを優勝します。

1972-シティバッジがランカシャーのレッドローズに変わります。

1974-シティはリーグカップ決勝でウルブズに敗れました。

1976-ザ・ブルーズはウェンブリーでニューカッスル・ユナイテッドに2-1で勝利し、ピーター・バーンズのゴールとデニス・ツーハートのオーバーヘッドゴールが決まりました。

1979-クラブは移籍金記録を破り、スティーブ・ダーリーを£1,450,277で獲得します。シティは2年間で3人の£1m以上の選手を獲得しました(ケヴィン・リーブスとトレヴァー・フランシスです)

1960年代

1965−新しいクラブのバッジが1965年に作られ、マンチェスター市のコート・オブ・アームズをもじった物になりました。

1966-シティはジョー・マーサーとマルコム・アリソン指揮の元、デヴィジョン・ツーの王者として昇格しました。

1968-ザ・ブルーズはニューカッスル・ユナイテッドをシーズン最後の試合で倒し、2回目のリーグチャンピオンシップを獲得しました。

1969-ウェンブリーでマンチェスター・シティはレスター・シティに1−0で勝利し、FAカップを優勝しました。

1950年代

1955-シティはウェンブリーでのFAカップ決勝でニューカッスル・ユナイテッドに敗れました。

1956-ザ・ブルーズは二年連続のFAカップ決勝を戦い、バーミンガムに3-1で勝利し、優勝しましたー 優勝パレードはグラナダTVで初めて放送されました。

1958-ミュンヘン飛行機事故によりマンチェスター・ユナイテッドの選手のほとんどが死亡し、数人のジャーナリストと元シティゴールキーパーのフランク・スイフトも犠牲となりました。

1945年から1950年

1947-シティはデヴィジョン・ツーのチャンピオンとして昇格しました。

1949-MCFCオフィシャルサポータークラブ誕生しました。

1939年から1945年 第二次世界大戦

戦時中リーグが設置され、シティは北デヴィジョンでプレーします。オールド・トラフォードの半壊により、ユナイテッドはメーン・ロードでホーム試合開催を余儀なくされます。しかし、シティはユナイテッドと対戦した時は絶対にホームチームチェンジングルームを使わさなかったと言います!

1930年代

1934-昨年の決勝に敗れた後、シティはポーツマスに2-1で勝利し、FAカップを優勝しました。

1934-クラブ記録の84,569人がシティvs.ストーク・シティをメーン・ロードで観戦しました。

1937-マンチェスター・シティはリーグチャンピオンシップを初めて優勝しました。

1920年代

1920-シティのハイド・ロードが王室が訪れた初めてのフットボールスタジアムとなります。

1923-ハイド・ロードが火事で全焼した後、シティは85,000人規模のメーン・ロードへ移ります。

1926-ザ・ブルーズにとって話題満載なシーズンとなりますー 監督不在のシティは、マンチェスターのチームとして初めてウェンブリーでプレーし(結果は準優勝)、マンチェスターダービーで最大の勝利を上げ(オールド・トラフォードで6-1の勝利)、そして降格を味わいます。

1928-シティはデヴィジョン・ツーのチャンピオンとして昇格しましたーそしてフットボールリーグで一番サポートされるクラブとなりました。

1914年から1918年 第一次世界大戦

リーグフットボールは1915年から1919年まで中断さましたが、地域のトーナメントは継続し、シティはランカシャー・デヴィジョンに所属しました。

 

1875年から1910年

1880-セント・マーク協会がフットボールチームを結成し、これが後にMCFCとなります。

1884-最初のシティシャツが作られました― 黒のシャツとマルテーズスタイルのクロスでした。数人は1880年代のクラブとフリーメイソンズとの関係を指摘しますが、他の人たちは白のクロスはセント・マーク協会とのつながりがまだ強かったと思っています。

1887-セント・マークのチームはアードウィックAFCとなりハイド・ロードに移ります。

1889-ハイド・ロード付近の炭鉱の爆発により23人の犠牲者が出ます。アードウィックとニュートン・ヒースはフラッドライトの下で試合をし、犠牲者の援助に勤めます。

1904-ザ・ブルーズはクリスタル・パレスでのFAカップ決勝でボルトン・ワンダラーズを倒し、マンチェスターのクラブとして初めてトロフィーを獲得しました。

ヨーロッパ・カップ・ウィナーズ・カップ

1970

リーグ優勝:

1936-37、1967-68、2011-12、2013-14

フットボール・リーグ ラナーズアップ(2位):

1903-04、1920-21、1976-77

ディヴィジョン・ワン優勝:

2001-02

ディヴィジョン・ワン ラナーズアップ(2位)

1999-2000

ディヴィジョン・ツー優勝(オリジナル):

1898-99、1902-03、1909-10、1927-28、1946-47、1965-66

ディヴィジョン・ツー ラナーズアップ(2位)(オリジナル):

1895-96、1950-51、1988-89

ディヴィジョン・ツー プレーオフ勝者:

1998-99

FAカップ優勝:

1904、1934、1956、1969、2011

FAカップ準優勝:

1926、1933、1955、1981、2013

リーグカップ優勝:

1970、1976、2014

リーグカップ準優勝:

1974

FAコミュニティ/チャリティシールド勝者:

1937-38、1968-69、1972-73、2012-13

フル・メンバーズ・カップ準優勝:

1986

FAユースカップ優勝:

1986、2008

リザーブリーグ優勝:

1977-78、1986-87、1999-2000

シーズン最多得点:

1926-27ディヴィジョン・ツー (42試合) 108得点

2001-02ディヴィジョン・ワン(46試合) 108得点

シーズン最多得点選手:

1928-29ディヴィジョン・ワン―トミー・ジョンソン、38得点

最多勝ち点獲得(勝ち=2点):

1946-47ディヴィジョン・ツー:勝ち点62

最多勝ち点獲得(勝ち=3点):

2001-02ディヴィジョン・ワン:勝ち点99

最も代表試合に出場した選手:

コリン・ベル(イングランド)— 48試合

このサイトはCookieを使用しています。許可するをクリックすれば、私たちのCookie使用に同意したことになります.

許可する