ブライアン・キッド - Teams - Manchester City FC

Accessibility links

Access other Manchester City products

Close

Continue to mcfc.co.uk

Continue to mcfc.co.uk
mcfc

City on キッド:

ユナイテッドで欧州チャンピオンズカップを獲得した後、ブライアンはメーン・ロードに移り、1976年から1979年までシティで128試合に出場し、50ゴール以上を決めました。キャリアではエヴァートン、アーセナル、ボルトンでもプレーし、アメリカで現役を引退した後、コーチングに入り、彼の技術は多くのファンを魅了し、多くのレベルで成功を治めました。

ブライアンは10年間オールド・トラフォードでユースチームの監督と助監督を務め、リーズ、シェフィールド・ユナイテッドにいて、2008-09年にはポーツマスでポール・ハートと共にサウスコーストのクラブをプレミアリーグ残留に導きました。

コリーホーストで生まれ、家族の実家をマンチェスター内に残していたキッドはまた、スヴェン・ゴラン・エリクソン元監督の下でイングランドのコーチも務めていました。

このサイトはCookieを使用しています。許可するをクリックすれば、私たちのCookie使用に同意したことになります.

許可する