ガエル・クリシー - Teams - Manchester City FC

Accessibility links

Access other Manchester City products

Close

Continue to mcfc.co.uk

Continue to mcfc.co.uk

22

ガエル

クリシー

出場時間

90

パス成功率

73%

タッチ回数

78

アシスト

0
前節の統計データ
出場時間 90
パス成功回数 35/48
タッチ回数 78
アシスト 0
得点数 0
シュート回数 0
プロフィール
ポジション ディフェンダー
生年月日 1985年7月26日
出身地 トゥールーズ、フランス
身長 (cm) 176cm
体重 (kg) TBC
代表試合数/得点 20/0
2016/2017 リーグ カップ
出場試合数 0 0
得点数 0 0
アシスト 0 0
パス 0 0
イエローカード 0 0
レッドカード 0 0

City on クリシー:

クリシーは2011年7月4日、アーセナルを離れ、シティに加入した。

アーセナルで、2003/04シーズン全38試合を無敗で終えた「インビンシブルズ(無敵チーム)」最後のメンバーである同選手は、ヨーロッパで最も優秀な左サイドバックの一人として移籍してきた。

クリシーは、カンヌでは15試合の出場に留まったが、2003年にベンゲル監督のスカウトの目に止まり、リーグ杯のロザラム戦でデビューした。同試合は、セスクのデビュー戦でもあった。

同選手は、アシュリー・コールの控えとして数シーズンを過ごしたが、2004年にプリミアリーグで当時最年少記録として、18歳10ヶ月で優勝メダルを手にした。コールが退団した06年からは、怪我に悩まされ続けたが、ベンゲル監督のファーストチームに在籍し続けた。

クリシーのスピードと頭の回転の速さ、さらにプレミアリーグならではのスタミナ消耗スタイルに負けない能力により、アーセナルで最も一貫性のあるディフェンダーとなり、また同選手の攻撃に参加する意欲さで、2008年11月のストーク戦でレアなゴールを決めた。

同選手のアーセナルでの最後となる2点目は2011年3月のレイトン・オリエント戦で決まった。

クリシーが生きてサッカーをしている事自体、奇跡と呼ばれている。なぜなら、主治医によれば同選手は、15歳の時に7時間にも及ぶ手術の途中で、心臓が15秒止まったからだ。

:

:

このサイトはCookieを使用しています。許可するをクリックすれば、私たちのCookie使用に同意したことになります.

許可する