8日付け英国メディアのシティに関する移籍報道は? - Manchester City FC

Accessibility links

Access other Manchester City products

Close

Continue to mcfc.co.uk

Continue to mcfc.co.uk
シーズン 2015/16

8日付け英国メディアのシティに関する移籍報道は?

  • 2016年6月8日 10:58
  • 投稿者 @markbooth_mcfc
  • これをシェアする
  • シェア
  • シェア
  • ツイート
  • Email
  • その他

英国メディアのシティに関する移籍報道をチェックしていこう。

マンチェスターシティは、ドルトムントのピエールエメリック・オバメヤンとの話し合いを終えて合意したとスカイスポーツが報じた。

「ガボン代表のオバメヤンは、Rマドリードに移籍するという報道がなされていたが、契約寸前で、シティに敗れるかたちになりそうだ。同選手の評価額は昨季の活躍で一気に高騰した。ブンデスリーガで29試合に出場し、25ゴールを挙げた。オバメヤンよりゴールを決めたのはBミュンヘンのレバンドフスキのみだ」と説明した。

「オバメヤンは、ギュンドアンに次ぐドルトムントからシティに移籍する注目選手になる可能性が高い」と続けた。


英ガーディアン紙もシティのオバメヤン獲得に言及しているが、約5500万ポンドもの移籍金を支払う必要がありそうだと伝えた。

「マンチェスターシティは、ドルトムントのピエールエメリック・オバメヤン獲得に興味を持っている。しかしながら、ガボン代表のオバメヤンに約5500万ポンドを支払う必要がありそうだ。昨季全公式戦で36得点を挙げた同選手は、リバプール、アーセナルやチェルシーからも興味を持たれているが、グアルディオラ新監督が就任するシティへの加入を検討しているようだ」と報じた。


シティはトニ・クロースとジャック・ウィルシャーに入札しないとマンチェスターイブニングニューズ紙が報じた。

「ペップ・グアルディオラ新監督は、フェルナンドをシティ新体制の一部と見なしている。トニ・クロースの追跡を止めたようだ。またアーセナルのジャック・ウィルシャー獲得の可能性も除外した。同監督は、チームを査定しているところだと言われており、フェルナンドは、新体制への扉を開かれた一人だ」と説明した。

「また昨季安定したプレーを披露してきたフェルナンドは、新体制のもと、チームに残留するように言われた」と伝えた。


また『Goal.com』は、シティがウクライナ人のオレクサンドル・ジンチェンコ(19)の獲得に向けて動いていると伝えた。

チームニュース

ローン移籍ウォッチ

月 09 1 2017, 12:22午後

Article
  • これをシェアする
  • シェア
  • シェア
  • ツイート
  • Email
  • その他

このサイトはCookieを使用しています。許可するをクリックすれば、私たちのCookie使用に同意したことになります.

許可する