17日付け英国メディアのシティに関する移籍報道は? - Manchester City FC

Accessibility links

Access other Manchester City products

Close

Continue to mcfc.co.uk

Continue to mcfc.co.uk
シーズン 2016/17

17日付け英国メディアのシティに関する移籍報道は?

  • 2016年6月17日 10:37
  • 投稿者 @dclayton_mcfc
  • これをシェアする
  • シェア
  • シェア
  • ツイート
  • Email
  • その他

英国メディアのシティに関する移籍報道をチェックしていこう。

ユベントスのシュテファン・リヒトシュタイナー(32)がマンチェスターシティに移籍する可能性があるとムンドデポルティーボ紙の引用として『Italian Football Daily』が報じた。

「リヒトシュタイナーは、現在スイス代表として欧州選手権に出場しているが、今夏ユベントスを去る可能性が高い。グアルディオラ新監督は、同選手をプレミアリーグに呼ぼうと画策している。リヒトシュタイナーは、2017年までユベントスとの契約が残っているが、新規加入したダニエウ・アウベスとのポジション争いに直面することになる。パブロ・ザバレタが退団濃厚と見られているため、空いたポジションは埋められることになる」と伝えた。


シティ行きが噂されているマヌエル・アグード(ノリート)に関する進捗だ。

『IB Times』は「セルタデビーゴのカルロス・モウリーニョ会長は、スペイン代表アグードが今夏に同クラブを退団することを認めた。バルセロナ、トットナムやマンチェスターシティ行きの報道が出ていた。同会長は、アグードに対して、1800万ユーロの違約金を契約に含んでおり、それ以下の金額では話し合いの席につかないことを各クラブに伝えた」と報じた。

「スペインTV局Tele5 の報道によると、元バルセロナのアグードは、恩師のいるマンチェスターシティへ移籍間近だという。またトットナムも同選手の動向を追っている。その後、ムンドデポルティーボ紙とサン紙が、グアルディオラ監督がギュンドアンに続き契約したい選手だと報じた」と続けた。

チームニュース

ローン移籍ウォッチ

月 09 1 2017, 12:22午後

Article
  • これをシェアする
  • シェア
  • シェア
  • ツイート
  • Email
  • その他

このサイトはCookieを使用しています。許可するをクリックすれば、私たちのCookie使用に同意したことになります.

許可する