ペップ監督対クロップ監督:統計比較とお互いのコメント - News - Manchester City FC

Accessibility links

Access other Manchester City products

Close

Continue to mcfc.co.uk

Continue to mcfc.co.uk
シーズン 2016/17

ペップ監督対クロップ監督:統計比較とお互いのコメント

  • 2017年3月17日 18:00
  • 投稿者@jackmumf
  • これをシェアする
  • シェア
  • シェア
  • ツイート
  • Email
  • その他

ペップ・グアルディオラ監督とユルゲン・クロップ監督がプレミアリーグで対戦するのは2度目だ。両監督同士が対戦した過去の成績などをチェックしよう。

両監督は、2013年~15年の間、それぞれBミュンヘンとドルトムントの指導者として対戦してきた。


トロフィー数

グアルディオラ監督は、1部リーグ指導者としての7年間で、21個のトロフィーを獲得した。そのうちの3つは、ドイツ時代に獲得した。13/14と14/15シーズンにブンデスリーガ優勝を飾った。両シーズンにドルトムントは、スーパーカップを制した。またクロップ監督は、指導者のキャリアで、5つのトロフィーを獲得した。


ゴール数と勝ち点数

グアルディオラ監督率いたBミュンヘンは、わずか2シーズンで、全公式戦通算266ゴールを挙げた。ドルトムントは、同期間を見ると190得点だ。2季連続優勝したBミュンヘンは、それぞれ勝ち点を90と79積み上げた。

ドルトムントは、13/14シーズンにおいて、Bミュンヘンの最大のライバルだった。しかしながら、それでも勝ち点は71と及ばなかった。翌シーズン、クロップ監督率いるドルトムントは、良いスタートを切ることができず、勝ち点46でシーズンを終えた。


失点数

優勝した2シーズンにおいて、Bミュンヘンの失点数は、それぞれ18と23ゴールだった。13/14、14/15シーズンに、ドルトムントは、合わせて80の失点をした。


直接対戦成績

2シーズン中に全部で8回の直接対決があった。両監督ともに4勝ずつだった。ドルトムントは、2季連続でスーパーカップを制したほか、13/14シーズンにBミュンヘンの優勝が決まっていたあとの試合に勝利した。また14/15シーズンのドイツ杯準決勝でPK戦の末勝利した。

グアルディオラ監督率いるBミュンヘンの勝利のうち、3回はブンデスリーガの試合だった。残りの1勝は、13/14シーズンのドイツ杯の決勝で、2-0で勝利したものだ。

今季、すでにアンフィールドで両監督が対戦していることから、直接対決数は、9に伸びた。大晦日の試合は、リバプールがシティを下した。


クロップ監督のグアルディオラ監督に関するコメント

「バルセロナの新しい監督は、クラブから、ペップ・グアルディオラ監督のように戦うことを忘れないでくれ、と言われるだろう。それは、監督が持てる一番の影響力だよ。Bミュンヘンも同監督の在籍を好んでいた。彼は、ファンタスティックな監督だよ」

「グアルディオラ監督は、確実な哲学を持ち合わせているし、かなり良いアイデアを持っている。これまで、素晴らしいキャリアを築いてきた。選手たちにいつも適応する必要があるが、それは彼がいつも実践していることだ。僕らも同じだよ」


グアルディオラ監督のクロップ監督に関するコメント

「スタイルは違うが、彼らの戦い方が好きだよ。クロップ監督は、ピッチのどこからでも相手の守備を攻撃するチームを作ることができる世界最高の指導者だよ。ボールがあるところでも、ないところでも激しさを忘れない。それをするのは、簡単なことではないよ」

「彼ら(ドルトムント)は、まるでスチームローラーのようだよ。止めることができない。Rマドリードのように素晴らしいカウンターアタックをするチームもあるが、ドルトムントは、ユニークだ。あんなチームは、見たことがないよ。90分ずっと集中していて、相手のパスが混乱するのを待っている。そして襲い掛かってくるんだ」

クラブニュース

CFA:ギャラリー

月 14 11 2016, 5:43午後

Article
  • これをシェアする
  • シェア
  • シェア
  • ツイート
  • Email
  • その他

このサイトはCookieを使用しています。許可するをクリックすれば、私たちのCookie使用に同意したことになります.

許可する