グアルディオラ監督:敗戦から学ぶ - News - Manchester City FC

Accessibility links

Access other Manchester City products

Close

Continue to mcfc.co.uk

Continue to mcfc.co.uk
シーズン 2016/17

グアルディオラ監督:敗戦から学ぶ

  • 2017年3月15日 22:56
  • 投稿者@dclayton_MCFC
  • これをシェアする
  • シェア
  • シェア
  • ツイート
  • Email
  • その他

ペップ・グアルディオラ監督は15日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)敗退が決まったモナコ戦後に、記者会見に出席した。

ファーストレグを2点リードで終えていたが、敵地での第2戦、前半30分以内に2点をリードされた。最終的に、セカンドレグを3-1で敗れ、合計得点数を6-6としたが、アウェーゴール数を下回り、敗退が決定した。

「後半、とても良いプレーをしたが、前半は、そこにいないかのようなプレーだった。僕らは、ボールないところで、積極的な守備をしたいと思っているチームだった。後半は、良くなったが、十分ではなかった。通常、前半まで良いプレーをすることが多いが、今夜は違っていた。僕らは、それをすることができなかった。起こったこととして受け入れ、敗戦から学んでいく。シティは、このような大会で、経験が未熟なチームだ。ホームだろうが、アウェーがだろうが、関係なく戦う必要がある」と反省を口にした。

「このようなレベルの試合で、失点をして、前半のような、僕らがしていたような戦い方をしていた時、状況はとても難しい。後半は、たくさんのゴールチャンスがあったが、決めることができなかった。だから、僕らは敗退した」と分析した。

「前半に得点を決めておくべきだった。バルセロナは、セットプレーから3ゴールを決め、PKから2得点、FKから1ゴールを挙げていた。このレベルの試合では、セットプレーは重要だ」と続けた。

「前半の戦い方が悲しいと思った唯一のことだ。試合をすれば、負けることもあるが、僕らはそこにいなかったかのようなプレーだった。正しいタイミングで、試合に参加すべきだが、僕らはそれができなかった。来年、僕らは成長していると思う。もちろん努力するよ。ホーム&アウェーがあるこの戦いは、(試合数が多い)ビッグチームにとって、要求の厳しい大会だ。僕らは、特別な状況下においては、ついてなかったと言える。このあとは、プレミアリーグとFA杯に集中して、そのあとは、来シーズンを見据えるよ」と前向きに話した。

クラブニュース

CFA:ギャラリー

月 14 11 2016, 5:43午後

Article
  • これをシェアする
  • シェア
  • シェア
  • ツイート
  • Email
  • その他

このサイトはCookieを使用しています。許可するをクリックすれば、私たちのCookie使用に同意したことになります.

許可する