ザネ、再びアーセナル戦での活躍を目指す - Manchester City FC

Accessibility links

Access other Manchester City products

Close

Continue to mcfc.co.uk

Continue to mcfc.co.uk
シーズン 2016/17

ザネ、再びアーセナル戦での活躍を目指す

  • 2017年4月21日 12:39
  • 投稿者 @dclayton_mcfc
  • これをシェアする
  • シェア
  • シェア
  • ツイート
  • Email
  • その他

リロイ・ザネは日曜日に控えるウェンブリー・スタジアムでの試合で、今季3度目の対戦となるアーセナルの守備陣を再び攻略することを目指している。

シティのウィングを担う好調のザネは、12月に本拠エティハドでアルセーヌ・ウェンゲル監督率いるアーセナルを2-1で下した試合で得点を挙げ、今月敵地エミレーツ・スタジアムで2-2と引き分けた試合でもゴールを決めている。今回の試合、強豪チームから3試合連続得点という特別な結果を残すことを望んでいる。

「再度得点できるか?できればそう願いたい。 今季ここまで、アーセナルとの2試合は楽しむことができた。3試合で3ゴールという結果を目指すつもりだ」とザネは語る。

「ウェンブリーでのプレーを本当に楽しみにしている。同会場での出場は今回初めてで、皆からも素晴らしい雰囲気のスタジアムだと聞いている。3万以上のサポーターが集結して声援を送ってくれると思うので、今から非常に楽しみだ」

シティは今季、ロンドンに遠征した7試合で17得点を量産している。数多くの人がウェンブリーの広々としたピッチ(グラウンド)に似ていると形容するウェムハムのロンドン・スタジアムでは、そのうちの9得点を決めている。

ザネ自身も、より大き目のピッチがシティのプレースタイルに合っていることを認めており、日曜日の試合にも同じことが言えるだろう。

ザネは次のように語っている: 「今回のグラウンドは自軍のプレースタイルに合っていると思う。ウェストハムの本拠地に似ているのではという意見もあるが、決勝に進出して優勝することが目標なので、チームはどこでプレーしても、乗り込んで試合に勝つことを目指している。選手は皆、意欲的で準備は整っている」

ザネは、PFA年間最優秀若手選手の候補にノミネートされたことはよい意味で驚きであったと明かしたが、選考は非常に厳しいものになることを認めている。

「候補に挙がったことはとても誇りに思う。ロメル・ルカクやデレ・アリなどの候補選手と競合するので受賞は非常に厳しいと思うが、そうした素晴らしい選手の中に自分がいることはとても嬉しい」

「今季これまでの自身のコンディションに関しては、上向きになって来ていると感じている。当初は色々とゆっくりとした感じでやっていたが、スピードに慣れて来るに従い、自分自身を向上させなければならなかった」

「しかし今では、本当に楽しむことができ、何事も非常に良くなって来ている。今では自分のプレーもよく理解しているこうした素晴らしい選手と共にプレーできるのは非常に光栄なことだ。本当によくなって来ている」

「ただ腰を据えて、しっかりと立ち位置を確認し、ブンデスリーガとは大きく異なるプレミアリーグに適応する必要があった」

クラブニュース

CFA:ギャラリー

月 14 11 2016, 5:43午後

Article
  • これをシェアする
  • シェア
  • シェア
  • ツイート
  • Email
  • その他

このサイトはCookieを使用しています。許可するをクリックすれば、私たちのCookie使用に同意したことになります.

許可する