シティファンブログ:The New Invinsibles! 飛躍するマンチェスターシティ女子チーム - Manchester City FC

Accessibility links

Access other Manchester City products

Close

Continue to mcfc.co.uk

Continue to mcfc.co.uk
シーズン 2016/17

シティファンブログ:The New Invinsibles! 飛躍するマンチェスターシティ女子チーム

  • 2016年11月10日 14:15
  • 投稿者@katsushiMCFC
  • これをシェアする
  • シェア
  • シェア
  • ツイート
  • Email
  • その他

シティサポーターの及川かつしさんが、無敗リーグ優勝とコンチネンタル杯優勝のダブルを成し遂げたシティウィメンに迫った。

今、シティ女子が熱い!

 

シティ女子と言っても、マンチェスターシティ女子チーム(Manchester City Women's Football Club)のこと。シティファンの耳にはすでに入っているかもしれないが、シティ女子チーム(以下、シティWFC)にとって2016年は記念すべきシーズンとなった。ペップ・グアルディオラが率いるチームの話題で持ち切りだが、ニック・クッシング(Nick Cushing)という監督の名前も覚えておいて損はないだろう。


シティWFCは30日にバーミンガムとホームで引き分け、FAウィメンズ・スーパーリーグ無敗優勝を果たす。バーミンガムに先制を許す厳しい立ち上がりとなったこの日。ヒロインはイングランド代表サイドバックのデミ・ストークスだった。

 

54分にストークスがペナルティエリアの外からゴールへ向かうボールを蹴ると、ゴールキーパーの頭を超える技ありループシュートになり、同点に追いつく。シティWFCはその後もバーミンガムゴールに迫るが、試合はそのまま1-1で終了。13勝3分(42ポイント)36得点4失点のシティWFCが“インヴィンシブルズ”になった瞬間だった。

 

これだけではない。今季はFAWSLコンチネンタルカップも2年ぶりに制している。10月に行われたバーミンガムとの決勝戦では、延長戦でルーシー・ブロンズがヘディングを決め、1-0で勝利を収めた。

 Cele

インヴィンシブルズを支えたのは、ニック・クッシング監督だ。チェスター出身の32歳で、2013年にシティWFC監督に就任した。9年間シティでコーチングスタッフとして勤めた後の就任だった。12~16歳クラスを指導しながら、Aライセンスを取得。また、マネジメント、リーダーシップ、ビジネスや会計学も学んでいる。人身掌握に長けており、選手の能力を引き出すことに定評があるクッシングにも注目してほしい。

 

さらに、シティWFCは選手層が厚い。イングランド代表の主力を軸にヨーロッパ出身選手が脇を固める。主将ステフ・ホートンMBEは、イングランド代表キャプテンでもある。中盤の底を支え、フリーキックも蹴れるチームの中心選手だ。GKカレン・バーズリー、MFジル・スコット、FWトニ・ドゥガンらイングランド代表がチームを引っ張っる。また、イズィ・クリスティアンセン、ニキータ・パリスといった若手選手の成長も楽しみの一つ。外国籍の選手も獲得しているため、今後日本人選手の加入も気になるところだ。

 

11月9日チャンピオンズリーグ2回戦1stレグで、デンマークのブロンビーとマンチェスターで対戦し、勝利で折り返した。チャンピオンズリーグ初制覇を目指す女子チームからも目が離せない。


及川かつし


※この記事に反映されているものは、個人の意見であり、マンチェスターシティとしての見解ではありません

チームニュース

ローン移籍ウォッチ

月 09 1 2017, 12:22午後

Article

フィーチャー

今週のインサイドシティ

2017年3月19日 15:30

Video
  • これをシェアする
  • シェア
  • シェア
  • ツイート
  • Email
  • その他

このサイトはCookieを使用しています。許可するをクリックすれば、私たちのCookie使用に同意したことになります.

許可する